Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Christian Dior(クリスチャン・ディオール)ミュージアムと庭

こんにちは。
日本では各地で豪雨が発生している様ですが、大丈夫でしょうか?

9月からの新学期の準備でバタバタしておりますパリです。

今回も前回引続き、Granville(グランビル)のお話です。

Granvilleには、「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」の生家が在ること、ご存知でしょうか?
c0232541_1821697.jpg

c0232541_17595879.jpg



実は私も知らなく、今回の旅行で知り、訪ねてみました。
彼は実業家の裕福な家庭に産まれ、幼少期をこちらで過ごした様です。
c0232541_1873056.jpg

c0232541_1883497.jpg



初めから、洋服のデザイナーをされていた訳ではない様ですね。ココ・シャネルもそうでしたね。

ディオールは、この地で、大好きなお花・自然・そしてキレイな海が見える景色、そこからパッションを受け、デザインにも生かす様になった様です。
c0232541_189225.jpg

c0232541_1811014.jpg

c0232541_1813261.jpg



確かに、ディオールの初期デザインは、戦後、モノ不足な中で、贅沢に使ったスカート、フェミニンな花柄、チューリップライン、なども有ります。

そして、この生家は、家、そのものより、庭が広く、又、高台に在る為、ここからキレイなGranvilleの海が、いつも眺められます。
c0232541_1817723.jpg

c0232541_18181572.jpg

c0232541_19415628.jpg

c0232541_19425266.jpg



現在は「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)ミュージアムと庭」として公開されております。
c0232541_19441218.jpg

c0232541_1944316.jpg



ここに来ますと、タイムスリップした気になります。庭もそのままDiorの雰囲気です。
c0232541_19454256.jpg


ぜひ寄ってみて下さいね。

ちなみに生家は現在博物館として公開されておりますが、小さい為、定員50名しか入れません。その為、お写真の様に待ち行列がズラ~っという感じです。その時のエクスポ内容にも寄るかと思いますが、30分~1時間は見ておいた方が良さそうです。

帰宅しましたら、じーっと待ってました~。笑。
c0232541_19504085.jpg



では~♪


トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTrès joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてます
お申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。

いつもご覧頂きまして有難うございます。今日もポチっとして頂けましたら、とっても嬉しいです♪
 ↓   ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2014-08-30 20:00 | 旅行関係