Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

生徒さんの作品

こんにちは。
日中はノースリーブの方もいらっしゃった位のホットなパリです。

今日は久々に生徒さんの作品をアップします。
c0232541_6452561.jpg




現在、定期レッスン、花留学生、短期受講生さんと、色々な方にレッスンを受講頂いております。
お花の話で、ついつい盛り上がってしまいます。。。
私も聞かれると、楽しくなってしまい、つい色々なことを答えてしまってます。笑。
c0232541_6561641.jpg


c0232541_6593671.jpg



定期レッスンの生徒さんには、次何をやるのか楽しみ~と言って頂き、何だか、こちらまでワクワクしています。
そして、少しづつ、お花の扱いもアレンジの仕方も上達していっているのは、見ていて微笑ましいです。
ちょっとした私の喜びですね。笑。
c0232541_7283549.jpg



そして、花留学生さん、短期受講生さんからは、直接指導して頂いて良かった。こんなにキレイに出来たのは初めて!と言って頂いてます。
何だか、自分で言うのは照れますし、あまり言う方では無いのですが。。。

c0232541_733227.jpg



お花はお料理ととっても良く似ていて、季節や素材によってお花のスタイルが変わるのはもちろんなのですが、生かすのも殺すのも、作り手次第だと思ってます。
ただ、素敵に作る為のコツというのが有るので、そこが深いのですが。。。笑。理論付けしながら伝えてます。

なぜ理論付けするかと言いますと、忘れ難くする為なのです。

例えば、私が見本を作って、これと同じものを作りましょう!と言った所で、まぁそれなりのものは作れるかもしれませんが、出来上がったら、作り方などは忘れてしまう、若しくは、どうでも良いと思ってしまうと思うのですね。
そこを、理論付けすることに寄って、更に素敵に出来上がるのはもちろん、脳裏に焼き付くのですよね。
そして、少しづつ上達していく。。。ふふ。

c0232541_7342513.jpg



話は変わりますが、現在花留学希望の方より何件かご依頼を頂いてます。
皆様より、良く聞かれるのはいつの時期が良いのか。。。

1年通して居れれば良いと思いますが、そういう方ばかりでは無いですよね。

本当に、短期、1か月弱程でしたら、これからの時期から12月ノエル前までがお勧めです。
皆様にも言っていることですが。
パリの装飾は1年で最も華やかになり、見るだけでも勉強になるかと思います。

いっぱいいっぱーい学んでいって下さい。

では良い週末を♪



トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTrès joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてます
お申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。

何時もご覧頂きまして誠に有難うございます。今日もポチっとして頂けましたら、とっても嬉しいです♪
 ↓   ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2014-10-19 07:45 | お花関係