Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅行関係( 18 )

今年のヴァカンス旅行④


こんにちは!
すっかり秋になりましたパリです。
朝晩の気温は15度~15度以下になりました~
本当に、短い夏です。

さて遅くなりました、ヴァカンスレポート?笑
今回は最終になります。
南仏、アンティーヴの様子です。

c0232541_03365142.jpg

アンティーヴはニースから電車で20~30分程です。海沿いを走ります。
ピカソ美術館や、ペイネ美術館が在る、小さい港街です。

c0232541_03374729.jpg

海が似合う、オシャレな小さい町でした。
個人的にはニースよりも好きです。

物価は少々高めですが、レストランのクオリティは良かったです。
食いしん坊の私にとってはここは外せないとこですね!

では、行きまーす!


ここが中心部分の入口になります。

c0232541_03383610.jpg

魚屋さん

c0232541_03391460.jpg

マルセイユ石鹸&かご屋さん

c0232541_03394884.jpg
レストラン おしゃれですね~

c0232541_03402408.jpg
c0232541_03411071.jpg

石鹸屋さん
c0232541_03414056.jpg

そして、アンティーブのマルシェに入ります。

c0232541_03421331.jpg

マルセイユ石鹸屋さん
c0232541_03425326.jpg

ズッキーニのお花

c0232541_03434020.jpg
ジロールもトマトもイチゴも美味しそう!
c0232541_03443344.jpg

ラベンダー屋さん
c0232541_03454044.jpg
南仏名物のオリーヴなどをペーストにしたお店

c0232541_03463169.jpg
ジャム屋さん
c0232541_03471730.jpg
お塩、香辛料屋さん
c0232541_03480212.jpg

サラミ屋さん
c0232541_03485906.jpg

トマト専門店、なんと!ピンクのトマトが有りました。初めて見ました。
c0232541_03493744.jpg

そしてアンティーヴ名物のSocca(ソッカ)屋さん
お豆の粉、オリーブオイル、塩水のみで窯で焼いて、そのまま焼きたてを食べます。
食べてみました。
うーん。南仏の味がします。ヘルシーで焼きたては何だか懐かしい様な味がしました。

c0232541_03503494.jpg
c0232541_03511459.jpg


オリーブ屋さん

c0232541_03521294.jpg

レモンのコンフィ(シロップ漬け)が有りました。美味しそうです!
c0232541_03524007.jpg

マルシェを出て、ピカソ美術館、海の目の前で雰囲気が素敵です。
こんな海目の前のアトリエで作品作りなんて。。。羨ましいーです!笑

c0232541_03533435.jpg
c0232541_03541528.jpg
c0232541_03550083.jpg

そして、ランチ
南仏名物の魚のスープ、アイオリ付き、炭火焼きステーキ、そして、デザートは柑橘類のアイスクリーム、どれもとっても美味しかったですーーー!

c0232541_03553127.jpg
c0232541_03561615.jpg
c0232541_03564594.jpg

そして、ペイネ美術館。

c0232541_03574240.jpg
ペイネさんは、広告作りも手掛けていたのですね。

c0232541_03583012.jpg
c0232541_03590749.jpg
c0232541_03593931.jpg

そして、南仏の太陽をいっぱい浴び、海で素敵な時間を過ごし、ヴァカンス終了ですーーーー!

c0232541_04000410.jpg

既に、パリに戻りましてから走り周っております~
新学期が始まりましたので、このままノエルまで頑張ります!

レッスン受講ご希望はお早目にご連絡願います~
秋の味覚がそろそろ楽しめるパリでお待ちしております。笑

ではまた!




トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。ジモモ パリ


[PR]
by tresjoli | 2017-09-11 04:02 | 旅行関係
こんにちは!
パリは急に秋らしい陽気となってきました。

季節の変わり目、ウェディングなどで実はバタバタしており、中々ジェノヴァのグルメ編がアップ出来ませんでした。。。

今回は、とっても美味しくて、おススメのレストラン、食べ物をご紹介致します。

因みにジェラートの写真が無いのは。。。滑らか過ぎて、写真を撮ろうとしましたら溶けてしまいましたので、撮れませんでした。
でも、間違い無く、ジェラートも美味しいです!!!

先ずは、そのジェラート屋さん、帰る前に再度食べようとしましたら、定休日でした~。
住所はとお店名はココです。現地のイタリア人曰くジェノヴァで一番らしいです!
Gelateria Profumo
Vico Superiore del Ferro, 14

c0232541_03554022.jpg



次に、ジェノヴァに行きましたら、絶対に食べて頂きたい、シーフードフリットとピザのお店です。
お昼時に行きますと混雑してますが、揚げたてホヤホヤが食べれます。
すっごく美味しいですー!
Antica Friggitoria Carega

Via Sottoripa, 113r, Genoa, Italy

c0232541_03483113.jpg
c0232541_03493271.jpg


次にレストラン
La Locanda degli Adorno

Vico degli Adorno 50r, 16134, Genoa, Italy

c0232541_03513257.jpg
お店の雰囲気も良いですし、何と言っても美味しいですー。


次に、こちらは地元の人で賑わっているレストランです。
港の近くで、これまた美味しくってお勧めです!
c0232541_03550650.jpg
c0232541_03534152.jpg

そして、この後はお店の名前、住所は控えておりませんが、何処でも大抵食べれて名物となっているものです。

先ずは、ジェノベーゼ!
c0232541_03521372.jpg
本当に、美味しいです!
何が違うかと言いますと。。。きっとバジルがフレッシュで香りが良いのだと思います。
今、思っても食べたくなります。

そして、ファカッチャ!
お店に寄って、形が違う様ですが、これまた、ジェノベーゼを選ぶと、ジェノベーゼソースとモッツアレラでとっても美味しいんです!
c0232541_03524718.jpg
そして、コーヒークリーム?

私は港近くのITALYと、ビーチで食べましたが、コーヒーの何と言えば良いのでしょうか?アイスクリームより滑らかになったムース状のものが有ります。
これが、また美味しいんです!

絶対お勧めです。
c0232541_03541115.jpg
結局、すべて、おススメなのです!
因みに、ハズレは無かったのです。

ジェノヴァへ行きましたら、ぜひです!

では、あと、ジャノヴァ帰りに寄りましたアンティーヴに関して書きますね。
少々お待ちを~。

良い週末をお過ごし下さいね。

トレジョリ


トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。ジモモ パリ


[PR]
by tresjoli | 2017-09-03 04:12 | 旅行関係

今年のヴァカンス旅行②

こんにちは。
今回は前回の続き、いよいよGenova(ジェノヴァ)に向けて行きます。

私の今回の旅は、南仏のコートダジュールの海岸線沿いをゆっくりと景色を眺めながら。。。というのが目的でした。

c0232541_21371915.jpg
その為、空路では無く、陸路でジェノヴァへ行きました。
後から調べましたら、ジェノヴァは空港も在る様ですね。

今回は私が利用しましたサイトを貼り付けておきます。速く行ける方法か、安く行ける方法かが選べます。
https://www.goeuro.fr/
残念ながら日本語のサイトは無いですが、英語のサイトは有る様です。

ジェノヴァまではニースから電車、バス、どちらでも行け、掛かる時間も粗同じ様です。

因みに私はバスで行きました。

途中インターチェンジに寄りましたが、既にイタリアの空気プンプンです。笑

c0232541_21352713.jpg

海岸線のカラフルなお家とキラキラした海を眺めながら。。。着きました!
既に、気持ち良いです!

c0232541_21401219.jpg



c0232541_21412255.jpg
c0232541_21420452.jpg
実はジェノヴァに行くのを決めたのは1週間前、そして色々と手配し、ネットで情報収集と、ガイドブックを。。。と思い、調べましたが、情報があまり無い!ガイドブックが無い!笑

サイトでは皆、共通して載っているのが、「コロンブスの出身地」「世界文化遺産にも登録されている旧市街そして、かつて迎賓館だった貴族の邸が美術館や市庁舎などの建築物」
c0232541_22060190.jpg
c0232541_22073113.jpg
c0232541_22100740.jpg
c0232541_22085700.jpg



「ヨーロッパ最大の水族館」「白と黒のシマシマ模様のサン・ロレンツォ教会」

c0232541_22174983.jpg
「郊外のカラフルな港町Boccadasse」あと、「パスタソースのジェノべーゼ」くらいでした。

正直、こんなにこんなに、魅力的で楽しい町とは思いませんでした。

まず、私が滞在したのは、旧市街のど真ん中のアパートメントの一室です。
大人2人が並んで歩いたら、いっぱいになってしまう様な通りです。

c0232541_22201533.jpg
実は、この旧市街、この様な細い道が、いーーーっぱい在り、しかも碁の目の様になっていないので、慣れないと迷路になります。これは断言します!
c0232541_22211610.jpg

この細い通りに、オシャレな洋服屋さんや、雑貨店、八百屋さん、レストラン、カフェ、ジェラート屋さんなどが有るのです。
もう、この道を歩いているだけでも楽しいです。

翌日は「郊外のカラフルな港町Boccadasse」へ行ってみました。
Boccadasseまでは、バス(42若しくは31番線)で20~30分です。
因みにバスの切符はバス内では購入出来なく、タバコ屋さんで購入出来ます。

Boccadasseはカラフルな家がとっても可愛く素敵です。
小さなレストランが有り、小さなビーチにもなってます。
何てステキな場所なのでしょう。

c0232541_22233783.jpg


c0232541_22242744.jpg
c0232541_22255434.jpg

そして翌日は電車とバスで「Portofino」ポルトフィーノへ行って来ました。
c0232541_22272582.jpg

電車で行く駅で切符が買えます。私の場合は、こちらの駅「stazione BRIGNOLE」
c0232541_22284198.jpg
から「S. Margherita Ligure-Portofino」へ行き、(この時は3.6ユーロ)こちらの駅で降り、目の前バス停から「Portofino」行きのバスが出ているので、乗り、運転手さんに「Portofino」と言いますと切符が買えます。(この時で4ユーロ)

実はポルトフィーノは、東京ディズニーシーの「メディテレーニアンハーバー」のモデルとなった所らしく、そして、毎年夏には世界各地のセレブがバカンスにやってくる町らしいです。

c0232541_22300512.jpg

マドンナやリアーナ、ビヨンセ、レオナルド・ディカプリオ、エルトン・ジョンなどなどが来ていて、パパラッチされている様です。

この時も立派なクルーザーが停泊してました。

c0232541_22312627.jpg

他には無い、キレイな港町です。

そして、ここには、シャネルやルイヴィトンなど、各ブランドの小さいショップが並んでます。

私の一押しは、もちろん、ここで停泊しているクルーザーなどを眺めながらのお食事も優雅な気分になって良いかと思いますが、ちょっと頑張って、直ぐ横にお城と灯台行きの階段が有りますので、のぼって、歩いて、散歩してみて下さい。

c0232541_22323485.jpg
ポルトフィーノが上から一望出来ます。

そして、灯台までは更に20分程歩きます。
そして、その灯台目指して行きますと端っこに「Al Faro di Portofino Lounge Bar」というカフェ&バーが在ります。

c0232541_22343133.jpg
ここ、とってもお勧めです!!!

まず、海が一望出来ます。
そして、定員さんが、1つ1つ手が掛かるメニューのドリンク類も元から作ってくれます。
しかも、メニューが多い!笑

c0232541_22355401.jpg

私はスペシャルポルトフィーノというのを注文しました。
これで8ユーロです!
とっても美味しいです!!! 

c0232541_22365443.jpg
こんなに、行き難い所に在るカフェ&バーなのに、美味しくって丁寧に作ってくれて、しかも下の港周りのお店より安い!
絶対、また行きます!笑



そして、翌日も「Portofino」へ、今度はクルーザーで行きました。

c0232541_22383735.jpg
これは、ジェノヴァの港「ITALY」近くから出てます。
オン・オフシーズンで時間や出航数などが違うかと思いますので、予め「Portofino」と書かれたテントが出てますので、直接確認した方が良いと思います。料金もオン・オフで異なるかと思いますが、私が購入しました8月で往復で21ユーロでした。片道のみも購入出来ます。

因みに、他の小さな港巡りや、ホエールやイルカウォッチングのクルーザーなども出てます。

適度な大きさのクルーザーで、思ったよりスピードを出しますので、風が気持ち良いです。

c0232541_22400349.jpg

前々日に行った港町Boccadasse」が見えます。

c0232541_22410672.jpg

海の水の色が変わります。
これがコートダジュールの色ですね。

c0232541_22423121.jpg

途中、小さな船着き場で、乗客を乗せます。

c0232541_22434047.jpg
水の色が、とってもキレイ!吸い込まれそうな色です。
c0232541_22443719.jpg

そして、ポルトフィーノが見えて来ました。

c0232541_22460051.jpg
1時間弱で到着です。

c0232541_22465171.jpg

今回は帰り、近くのビーチでのんびりとして来ました。



c0232541_22482545.jpg

c0232541_22491440.jpg
c0232541_22500286.jpg
c0232541_22505188.jpg
c0232541_22520391.jpg
ジェノヴァでの気になる食事は次回にまとめて書きますね!
ほんと、すっごくお勧めです。ジェノヴァ。

Très joli

http://www.tresjoli.fr/



[PR]
by tresjoli | 2017-08-21 22:54 | 旅行関係

今年のヴァカンス旅行①

こんにちは。
8月の半ば折り返し地点、如何お過ごしでしょうか?


私は、前回予告通り、8月8日~16日とヴァカンスを頂き、南方面に旅行し、一昨日パリに戻って来ました。

場所はリヨン→ジェノヴァ(イタリア)→ジェノヴァ郊外(ボガダス・ポルトフィーノ)→南仏(ニース・アンティーブ)→リヨン
と行って来ました。

そうです。少しづつ南へ行き、コートダジュールの海岸線を旅行したくて、周って来ました。

まず、今回はリヨンに関して綴ります。

南へ行く前にリヨンへ寄り道をしたのですが、なぜ寄り道したのかと言いますと。。。

実は、20年程前に、フランスを旅行した際、フルヴィエールの丘からリヨンの景色を見て、とても感動し、フランスが好きになった記憶が有り、今回、またこの景色を見たく寄りました。
実は、その後も何度かリヨンに来ているのですが、あまりじっくりと景色を見る時間が無く、今回は、ちょっと寄り道ですが、景色を見ることに重点を置きました。

リヨンは、フランス第2の都市で世界遺産にもなっている町なのです。

2つの川が有り、ソーヌ川左が旧市街となっており、ローヌ川右が新しい町となっております。
フルヴィエールの丘は旧市街から可愛いケーブルカーに乗って行きます。

こちらが、フルヴィエールの丘からのリヨンの景色です。

c0232541_02075183.jpg
c0232541_02090162.jpg

ルネッサンス時代に繁栄した、タイムスリップしたかの様な景色が、今もこのまま残ってます。
屋根が赤いのが特徴ですね。

c0232541_02094998.jpg

そして、この丘に在る「ノートルダム・ド・フルヴィエール聖堂」19世紀末に建てられた教会です。

c0232541_02103871.jpg
内装は、ステンドグラスやモザイクなどが美しく装飾されています。
素晴らしいですよね。
c0232541_02112749.jpg
c0232541_02115706.jpg



c0232541_02122583.jpg


c0232541_02153561.jpg

そして、丘から下に降りて、旧市街のお店です。
c0232541_02161845.jpg

最近は新しめのお店も増えてきた様ですが、それでも、雰囲気が有るお店が存在し、大好きな商店街?です。

c0232541_02172607.jpg
c0232541_02180721.jpg
c0232541_02184242.jpg



ちょっと休憩でオニオングラタンスープとサンドウィッチ。

c0232541_02200604.jpg
c0232541_02204408.jpg

c0232541_02211813.jpg

リヨンは美食の町でも有るのですよね。
今回は残念ながら、時間があまり無かったので散歩に絞ってしまい、ゆっくり食事をする時間を削りました。


こちらは裁判所。

c0232541_02233852.jpg
こちらは国立のオペラ座。
c0232541_02242946.jpg

12世紀に建設され、建設中にロマネスクからゴシックへ様式か変化した為、良く見ますと、左右でスタイルが異なる、サン・ジャン大司教教会。

c0232541_02250838.jpg

そして、ソーヌ川から旧市街と丘の風景。

c0232541_02261029.jpg
絵になる風景ですよね。
c0232541_02271113.jpg

私達が産まれるずっと前からこの景色で、これからもずっと変わらないのでしょうね。
それって、素晴らしいことですよね。


またこの景色を見に来ます。


では、南に向かって旅を続けます!

Très joli


トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。 ジモモ パリ


[PR]
by tresjoli | 2017-08-19 02:33 | 旅行関係
こんにちは。
日本では各地で豪雨が発生している様ですが、大丈夫でしょうか?

9月からの新学期の準備でバタバタしておりますパリです。

今回も前回引続き、Granville(グランビル)のお話です。

Granvilleには、「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」の生家が在ること、ご存知でしょうか?
c0232541_1821697.jpg

c0232541_17595879.jpg



実は私も知らなく、今回の旅行で知り、訪ねてみました。
彼は実業家の裕福な家庭に産まれ、幼少期をこちらで過ごした様です。
c0232541_1873056.jpg

c0232541_1883497.jpg



初めから、洋服のデザイナーをされていた訳ではない様ですね。ココ・シャネルもそうでしたね。

ディオールは、この地で、大好きなお花・自然・そしてキレイな海が見える景色、そこからパッションを受け、デザインにも生かす様になった様です。
c0232541_189225.jpg

c0232541_1811014.jpg

c0232541_1813261.jpg



確かに、ディオールの初期デザインは、戦後、モノ不足な中で、贅沢に使ったスカート、フェミニンな花柄、チューリップライン、なども有ります。

そして、この生家は、家、そのものより、庭が広く、又、高台に在る為、ここからキレイなGranvilleの海が、いつも眺められます。
c0232541_1817723.jpg

c0232541_18181572.jpg

c0232541_19415628.jpg

c0232541_19425266.jpg



現在は「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)ミュージアムと庭」として公開されております。
c0232541_19441218.jpg

c0232541_1944316.jpg



ここに来ますと、タイムスリップした気になります。庭もそのままDiorの雰囲気です。
c0232541_19454256.jpg


ぜひ寄ってみて下さいね。

ちなみに生家は現在博物館として公開されておりますが、小さい為、定員50名しか入れません。その為、お写真の様に待ち行列がズラ~っという感じです。その時のエクスポ内容にも寄るかと思いますが、30分~1時間は見ておいた方が良さそうです。

帰宅しましたら、じーっと待ってました~。笑。
c0232541_19504085.jpg



では~♪


トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTrès joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてます
お申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。

いつもご覧頂きまして有難うございます。今日もポチっとして頂けましたら、とっても嬉しいです♪
 ↓   ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2014-08-30 20:00 | 旅行関係

今年のヴァカンス①

こんにちは。
昨日、一昨日と少々不安定なお天気のパリです。
秋ももう来ている感じがします。

今日は、今年の夏ヴァカンスを過ごした、ノルマンディのフランス西海岸のお話です。
c0232541_510239.jpg



去年は、ノルマンディの北海岸オンフルールなどに行きましたが、今年は知人に招待して頂いたことも有り、モンサンミッシェル近くのGranville(グランビル)周辺に滞在しました。
c0232541_514215.jpg



ここは、フランス人,特にパリジャン達がヴァカンスを過ごす為のリゾート地、若しくは保養所で、粗、移民はゼロです。
海水浴場と港に囲まれており、海水の透明度はとってーーもキレイでした。


今回の旅行で、このフランス西海岸の満ち干きはmarées(マレ)と言われていて、南仏には無い、この地区のみの自然現象を知りました。

それは、満月の日は海水に辿り着くのが大変なくらい潮が引き、そして、月が薄い日は海水が岸壁直ぐ傍まで残るらしいです。
行った日はどの月の日か忘れてしまいましたが、お昼過ぎ頃海岸を見た時には、満潮で岸壁の傍に海水が有り、数時間周って戻って来ましたら、何と、10M以上引いていて、ビーチが出来上がっていて、水着を着て海水浴を楽しんでいる人達が沢山居ました。

写真は最初、海の沖、灯台の様な場所に2人居ます。
c0232541_55233.jpg



それが、分かりますか?数時間後、灯台が写真中央のビーチに有ります。下に赤い服を着た人が居る灯台です。
c0232541_571864.jpg


ビックリですよね!

この満ち干きは先にお話した様、日に寄って異なるので、皆どうやってそれを知るのか聞いたら、月のカレンダーが有り、それに干潮時間と何M引くかと記されていて、それを見て海岸へ行くとのこと。
先日のフルムーン時は、50M以上引いて海を歩いたとのことです。

この満ち干きが日に寄って違う。。。ということはややこしいと取らず、カレンダーまで作って楽しんでしまう。ということに感動してしまいました。

そしてそのカレンダーは、お世話になったお宅の冷蔵庫に貼って在りました。
フランス人も日本人もこういう所は同じなんですね。笑。

何だか素敵では無いですか。
また好きな場所が出来てしまいました。。。♪
c0232541_5112919.jpg




トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTrès joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてます
お申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。

いつもご覧頂き有難うございます。今日もポチっとして頂けましたら嬉しいです♪
 ↓   ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2014-08-27 05:20 | 旅行関係

ミラノのお花屋さんと+

ミラノのお花屋さんとちょっと気になりましたお花?の写真を紹介します。

こちらはドーモの内部、床の大理石模様
c0232541_7493335.jpg



そして、ノエル後でしたので装飾が少し残ってました。
c0232541_7503765.jpg



有名なSAVINIの装飾
c0232541_7514032.jpg



ブランド街(パリで言うサントノーレ)に有るお花屋さん
c0232541_7524512.jpg

c0232541_7534883.jpg

c0232541_7544470.jpg



アルマーニのお花屋さん(アルマーニビルディングに有ります)
c0232541_7554319.jpg

c0232541_7563664.jpg



常設マルシェのお花屋さん
c0232541_7573334.jpg



パリよりはお花を使われている箇所が少なく、お花を持ち歩いている人もあまり見掛けませんでした。
あまり生活には根付いていないのかもしれませんね。

それでも、お花に関係無く、センスが良かったです。
c0232541_7584814.jpg




トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTrès joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてます
お申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。

いつもご覧頂きまして有難うございます。今日もポチっとして頂けましたら嬉しいです♪
 ↓   ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2014-01-09 08:08 | 旅行関係

ミラノで年越し

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2014年が皆様にとって楽しく健やかに過ごせます様に。

あっと言う間に年が明けましたね。
皆様は良い年明けを過ごされましたでしょうか?

私はイタリア・ミラノへ行って来ました。
c0232541_718027.jpg



目的は、ノエルの装飾を見ること、パワーの有るものを見ること、美味しいものを食べること、トラムに乗ることそして、まったりと過ごすことでした。

実は直前まで行くか行かないか迷ってましたが。。。結論。行って良かったです!
c0232541_719891.jpg



フランスも好きですが、どうしてもフランス圏に居ますと仕事モードになってしまうので、リフレッシュ出来ないのですよね。
今回はネット状況も悪かったので、諦め(笑)が付きました。

まずはDuomo
有名なイタリア最大のゴシック建築。なんと完成まで500年以上も費やされたとか。。。
c0232541_7201250.jpg



1つ1つのレリーフが細かく、また、内部のステンドグラスのストーリーが細かく、美しく。。。感動しました。
言葉が出ないとは、こういうことですね。
c0232541_722268.jpg



そしてDuomo横のガッレリア
1867年に完成したアーケードですね。
c0232541_7235034.jpg



パリのパッサージュを想像したらいけません。凱旋門がパッサージュになった様な大きさです。
ちょうどノエルが過ぎた所でしたので、良く見ましたら、天井部分にクロスの装飾がされてました。

さすが、キリスト教が国教の国ですね。
c0232541_7252843.jpg



そしてミラノのトラム。
バスの様に本数が多く、とっても小さく可愛いです。
c0232541_7273549.jpg



線により、新しいトラムと古いトラムと有り、私が宿泊したホテル傍を走るトラムはレトロなタイプで1800年代の年号が描かれてました。
c0232541_7284354.jpg



歴史とロマンを感じますよね。
c0232541_729528.jpg



メトロも近かったのですが、滞在中はトラムを利用し、町並みをボーっと眺めている方が多かったです。
ミラノ自体小さい町なので、トラムで十分楽しめました。
c0232541_7304426.jpg



ノエル装飾は、ブランドショップ街から、小さな商店街と色々と見ました。
c0232541_7332172.jpg


c0232541_7342228.jpg

c0232541_7352273.jpg

c0232541_7362753.jpg



パリの様に華やかでは有りませんでしたが、シンプルながらもオシャレでカッコイイ感じがしました。
そして色使いも素敵でした。大人の町ですね。
c0232541_7373411.jpg



そしてレストラン、その他のイタリアの食べ物は、本当に美味しかったです。
お決まりのピザを食べ、その後、有名店にも行きましたが、結論としては、ガイドブックに載っていない地元の方達が入っているお店の方が、美味しく感じ、またサービスも良かったです。
c0232541_739639.jpg

c0232541_739588.jpg



ミラノカツレツも、ミラノリゾットも食べませんでしたが、十分他のパスタやシーフードなども美味しかったです。
c0232541_7405864.jpg

c0232541_7415616.jpg



やはり、イタリア、楽しいです。
また行きますね。絶対。
c0232541_7433426.jpg



ということで、今年も楽しくレッスンさせて頂き、また自分のセンス技術も磨く様、邁進していきます。
皆さんに喜んで頂ける様。

トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTrès joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてます
お申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。

いつもご覧頂きまして有難うございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します♪
 ↓   ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2014-01-08 07:53 | 旅行関係
LES MAISONS DE SATIE サティの家

1866年にオンフルールに生まれた作曲家サティーの生家を開放されている家
音楽家ですが、多才だった様で。
かなり感動してしまい、しばらくボーっとしてしまいました。お勧めです。
c0232541_725912.jpg



入って、直ぐ衝撃を受け、館内の方に確認し撮影させて頂きました。

エントランスで、オーディオを借りて、部屋に入ると。。。異次元

c0232541_74774.jpg
c0232541_743145.jpg



1つ1つの部屋、音楽、装飾、かなり素晴らしい。
おもちゃ箱の様です。

c0232541_761252.jpg
c0232541_763437.jpg
c0232541_765550.jpg




ここはピアノが有るだけのシンプな真っ白い部屋。
サティが演奏しているかの様に再現された部屋だそうです。
c0232541_771923.jpg

c0232541_79201.jpg


この写真以外にもお部屋が有りました。
が、お写真では伝わらないので実際に行かれて見た方が良いと思います。

そして、館内にとっても小さい映画館が有ります。
そこでサティの短編が観れます。
ここの雰囲気から素敵♪
c0232541_794449.jpg


とってもとっても素敵な空間でした。
きっとまた近い内に行くでしょう♪♪


パリから車で3時間程。
お花レッスンツアーにオンフルールを組込むことが出来ますので、お問合せ下さいませ♪

トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTres joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.comへお送り下さいませ。

今日もポチ宜しくお願いします♪
 ↓  ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2013-09-02 07:30 | 旅行関係

Honfleur オンフルール②

Honfleur続き

ランチをたっぷり頂き、さて素敵なモノ探しに探索します~♪
ノルマンディ様式の家と石畳
c0232541_7291040.jpg



ちょっと南仏っぽい。^^
c0232541_7301194.jpg




レストランの飾り皿がパレットの様なガラス皿。
遊びが有って面白い~。
c0232541_7305060.jpg



プチホテルのテラスが見えます。何だか良さそうです。
c0232541_7315479.jpg



サロンドテのポット可愛い~♪
c0232541_733068.jpg



ビンテージショップ
このゴチャゴチャ加減が溜まりません。^^
c0232541_733219.jpg

c0232541_7334050.jpg



紫陽花の色も素敵
c0232541_73548.jpg



Musée d'Ethnographie民族博物館
昔の監獄と16世紀の家の中に有る博物館
c0232541_7352125.jpg



次はお待ちかね「サティー」の家です~♪
これがまた感動~~~!
c0232541_7364482.jpg



オンフルールはパリから車で3時間弱、お花のツアーに組込むことが出来ます~♪
ご相談下さいませ。

トレジョリオフィシャルHPはこちら~
↓  ↓
パリスタイルTres joli

お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてます
お申し込み&お問合せはtresjoli77★gmail.com ★を@マークに変えてお送り下さいませ。

いつも有難うございます!今日もポチをして頂けますと嬉しいです~♪
 ↓
ジモモ パリ
[PR]
by tresjoli | 2013-09-01 08:00 | 旅行関係