Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年のヴァカンス旅行②

こんにちは。
今回は前回の続き、いよいよGenova(ジェノヴァ)に向けて行きます。

私の今回の旅は、南仏のコートダジュールの海岸線沿いをゆっくりと景色を眺めながら。。。というのが目的でした。

c0232541_21371915.jpg
その為、空路では無く、陸路でジェノヴァへ行きました。
後から調べましたら、ジェノヴァは空港も在る様ですね。

今回は私が利用しましたサイトを貼り付けておきます。速く行ける方法か、安く行ける方法かが選べます。
https://www.goeuro.fr/
残念ながら日本語のサイトは無いですが、英語のサイトは有る様です。

ジェノヴァまではニースから電車、バス、どちらでも行け、掛かる時間も粗同じ様です。

因みに私はバスで行きました。

途中インターチェンジに寄りましたが、既にイタリアの空気プンプンです。笑

c0232541_21352713.jpg

海岸線のカラフルなお家とキラキラした海を眺めながら。。。着きました!
既に、気持ち良いです!

c0232541_21401219.jpg



c0232541_21412255.jpg
c0232541_21420452.jpg
実はジェノヴァに行くのを決めたのは1週間前、そして色々と手配し、ネットで情報収集と、ガイドブックを。。。と思い、調べましたが、情報があまり無い!ガイドブックが無い!笑

サイトでは皆、共通して載っているのが、「コロンブスの出身地」「世界文化遺産にも登録されている旧市街そして、かつて迎賓館だった貴族の邸が美術館や市庁舎などの建築物」
c0232541_22060190.jpg
c0232541_22073113.jpg
c0232541_22100740.jpg
c0232541_22085700.jpg



「ヨーロッパ最大の水族館」「白と黒のシマシマ模様のサン・ロレンツォ教会」

c0232541_22174983.jpg
「郊外のカラフルな港町Boccadasse」あと、「パスタソースのジェノべーゼ」くらいでした。

正直、こんなにこんなに、魅力的で楽しい町とは思いませんでした。

まず、私が滞在したのは、旧市街のど真ん中のアパートメントの一室です。
大人2人が並んで歩いたら、いっぱいになってしまう様な通りです。

c0232541_22201533.jpg
実は、この旧市街、この様な細い道が、いーーーっぱい在り、しかも碁の目の様になっていないので、慣れないと迷路になります。これは断言します!
c0232541_22211610.jpg

この細い通りに、オシャレな洋服屋さんや、雑貨店、八百屋さん、レストラン、カフェ、ジェラート屋さんなどが有るのです。
もう、この道を歩いているだけでも楽しいです。

翌日は「郊外のカラフルな港町Boccadasse」へ行ってみました。
Boccadasseまでは、バス(42若しくは31番線)で20~30分です。
因みにバスの切符はバス内では購入出来なく、タバコ屋さんで購入出来ます。

Boccadasseはカラフルな家がとっても可愛く素敵です。
小さなレストランが有り、小さなビーチにもなってます。
何てステキな場所なのでしょう。

c0232541_22233783.jpg


c0232541_22242744.jpg
c0232541_22255434.jpg

そして翌日は電車とバスで「Portofino」ポルトフィーノへ行って来ました。
c0232541_22272582.jpg

電車で行く駅で切符が買えます。私の場合は、こちらの駅「stazione BRIGNOLE」
c0232541_22284198.jpg
から「S. Margherita Ligure-Portofino」へ行き、(この時は3.6ユーロ)こちらの駅で降り、目の前バス停から「Portofino」行きのバスが出ているので、乗り、運転手さんに「Portofino」と言いますと切符が買えます。(この時で4ユーロ)

実はポルトフィーノは、東京ディズニーシーの「メディテレーニアンハーバー」のモデルとなった所らしく、そして、毎年夏には世界各地のセレブがバカンスにやってくる町らしいです。

c0232541_22300512.jpg

マドンナやリアーナ、ビヨンセ、レオナルド・ディカプリオ、エルトン・ジョンなどなどが来ていて、パパラッチされている様です。

この時も立派なクルーザーが停泊してました。

c0232541_22312627.jpg

他には無い、キレイな港町です。

そして、ここには、シャネルやルイヴィトンなど、各ブランドの小さいショップが並んでます。

私の一押しは、もちろん、ここで停泊しているクルーザーなどを眺めながらのお食事も優雅な気分になって良いかと思いますが、ちょっと頑張って、直ぐ横にお城と灯台行きの階段が有りますので、のぼって、歩いて、散歩してみて下さい。

c0232541_22323485.jpg
ポルトフィーノが上から一望出来ます。

そして、灯台までは更に20分程歩きます。
そして、その灯台目指して行きますと端っこに「Al Faro di Portofino Lounge Bar」というカフェ&バーが在ります。

c0232541_22343133.jpg
ここ、とってもお勧めです!!!

まず、海が一望出来ます。
そして、定員さんが、1つ1つ手が掛かるメニューのドリンク類も元から作ってくれます。
しかも、メニューが多い!笑

c0232541_22355401.jpg

私はスペシャルポルトフィーノというのを注文しました。
これで8ユーロです!
とっても美味しいです!!! 

c0232541_22365443.jpg
こんなに、行き難い所に在るカフェ&バーなのに、美味しくって丁寧に作ってくれて、しかも下の港周りのお店より安い!
絶対、また行きます!笑



そして、翌日も「Portofino」へ、今度はクルーザーで行きました。

c0232541_22383735.jpg
これは、ジェノヴァの港「ITALY」近くから出てます。
オン・オフシーズンで時間や出航数などが違うかと思いますので、予め「Portofino」と書かれたテントが出てますので、直接確認した方が良いと思います。料金もオン・オフで異なるかと思いますが、私が購入しました8月で往復で21ユーロでした。片道のみも購入出来ます。

因みに、他の小さな港巡りや、ホエールやイルカウォッチングのクルーザーなども出てます。

適度な大きさのクルーザーで、思ったよりスピードを出しますので、風が気持ち良いです。

c0232541_22400349.jpg

前々日に行った港町Boccadasse」が見えます。

c0232541_22410672.jpg

海の水の色が変わります。
これがコートダジュールの色ですね。

c0232541_22423121.jpg

途中、小さな船着き場で、乗客を乗せます。

c0232541_22434047.jpg
水の色が、とってもキレイ!吸い込まれそうな色です。
c0232541_22443719.jpg

そして、ポルトフィーノが見えて来ました。

c0232541_22460051.jpg
1時間弱で到着です。

c0232541_22465171.jpg

今回は帰り、近くのビーチでのんびりとして来ました。



c0232541_22482545.jpg

c0232541_22491440.jpg
c0232541_22500286.jpg
c0232541_22505188.jpg
c0232541_22520391.jpg
ジェノヴァでの気になる食事は次回にまとめて書きますね!
ほんと、すっごくお勧めです。ジェノヴァ。

Très joli

http://www.tresjoli.fr/



[PR]
by tresjoli | 2017-08-21 22:54 | 旅行関係

今年のヴァカンス旅行①

こんにちは。
8月の半ば折り返し地点、如何お過ごしでしょうか?


私は、前回予告通り、8月8日~16日とヴァカンスを頂き、南方面に旅行し、一昨日パリに戻って来ました。

場所はリヨン→ジェノヴァ(イタリア)→ジェノヴァ郊外(ボガダス・ポルトフィーノ)→南仏(ニース・アンティーブ)→リヨン
と行って来ました。

そうです。少しづつ南へ行き、コートダジュールの海岸線を旅行したくて、周って来ました。

まず、今回はリヨンに関して綴ります。

南へ行く前にリヨンへ寄り道をしたのですが、なぜ寄り道したのかと言いますと。。。

実は、20年程前に、フランスを旅行した際、フルヴィエールの丘からリヨンの景色を見て、とても感動し、フランスが好きになった記憶が有り、今回、またこの景色を見たく寄りました。
実は、その後も何度かリヨンに来ているのですが、あまりじっくりと景色を見る時間が無く、今回は、ちょっと寄り道ですが、景色を見ることに重点を置きました。

リヨンは、フランス第2の都市で世界遺産にもなっている町なのです。

2つの川が有り、ソーヌ川左が旧市街となっており、ローヌ川右が新しい町となっております。
フルヴィエールの丘は旧市街から可愛いケーブルカーに乗って行きます。

こちらが、フルヴィエールの丘からのリヨンの景色です。

c0232541_02075183.jpg
c0232541_02090162.jpg

ルネッサンス時代に繁栄した、タイムスリップしたかの様な景色が、今もこのまま残ってます。
屋根が赤いのが特徴ですね。

c0232541_02094998.jpg

そして、この丘に在る「ノートルダム・ド・フルヴィエール聖堂」19世紀末に建てられた教会です。

c0232541_02103871.jpg
内装は、ステンドグラスやモザイクなどが美しく装飾されています。
素晴らしいですよね。
c0232541_02112749.jpg
c0232541_02115706.jpg



c0232541_02122583.jpg


c0232541_02153561.jpg

そして、丘から下に降りて、旧市街のお店です。
c0232541_02161845.jpg

最近は新しめのお店も増えてきた様ですが、それでも、雰囲気が有るお店が存在し、大好きな商店街?です。

c0232541_02172607.jpg
c0232541_02180721.jpg
c0232541_02184242.jpg



ちょっと休憩でオニオングラタンスープとサンドウィッチ。

c0232541_02200604.jpg
c0232541_02204408.jpg

c0232541_02211813.jpg

リヨンは美食の町でも有るのですよね。
今回は残念ながら、時間があまり無かったので散歩に絞ってしまい、ゆっくり食事をする時間を削りました。


こちらは裁判所。

c0232541_02233852.jpg
こちらは国立のオペラ座。
c0232541_02242946.jpg

12世紀に建設され、建設中にロマネスクからゴシックへ様式か変化した為、良く見ますと、左右でスタイルが異なる、サン・ジャン大司教教会。

c0232541_02250838.jpg

そして、ソーヌ川から旧市街と丘の風景。

c0232541_02261029.jpg
絵になる風景ですよね。
c0232541_02271113.jpg

私達が産まれるずっと前からこの景色で、これからもずっと変わらないのでしょうね。
それって、素晴らしいことですよね。


またこの景色を見に来ます。


では、南に向かって旅を続けます!

Très joli


トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。 ジモモ パリ


[PR]
by tresjoli | 2017-08-19 02:33 | 旅行関係

こんにちは。
暑さが少し落着き快適なパリです。

昨日8月3日はヴァカンス前、最後のランジス市場へお花の仕入れに行って来ました。

正直、お花はあまり無いだろうなぁ。。。どうしようかなぁ。。。
と、思いましたら、期待?を見事に裏切って頂き(笑)、期待以上のお花が仕入れられました。

この時期にて、ロージエの生産者さんが沢山のロージエを切ってくれて出荷してくれてました。

c0232541_19025561.jpg
c0232541_19045512.jpg

そして、好みのアジサイ、その他。。。と、意外とお花が有り、そして、とにかく、沢山のキレイなロージエに魅了され、あれもこれもと。。。いっぱい仕入れました。
c0232541_19145309.jpg
はて??? 調子に乗り仕入れ過ぎましたかね。

まぁ、ヴァカンス前の最後のレッスンですので大サービスです!

c0232541_19113366.jpg

レッスンその他の仕事は8月7日(月)迄となります。
そして再開は8月17日(木)になります。

1週間少々ですが、ヴァカンスを頂き、またリフレッシュしてパリに戻って来ます。

行先は。。。南仏とイタリアを目指します!ふふ

ではまた!

Très joli
http://www.tresjoli.fr/


[PR]
by tresjoli | 2017-08-04 19:18 | お花関係