人気ブログランキング |

Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こんにちは。
今週はとってもとっても暑いパリでした。笑
昨日は41度まで気温が上がりました。

パリは湿度は無いのですが、太陽の陽射しが日本より強く感じられ、そして、何より、基本的にエアコンが有りません。
そして、そして、日が沈むのがこの時期、22時過ぎです。。。
恐怖でしか有りません!笑

こんな暑い中でも、お仕事が有りますのが有難く感じ、特に夕方の特に暑い時間帯には終わってしまうので、それ程苦では無いのですが。。。
びっくりしますね。この暑さは。


c0232541_02492666.jpg

さて、今回もレッスン、装飾と、色々とアップさせて頂きたい事はございますが、先ず、何時もの様に、レッスンの生徒様の作品、今回はシャンペトルブーケを主に勉強頂きましたので作品などをアップさせて頂きます。

c0232541_02564220.jpg


今回はシャンペトル・ブーケやシャンペの要素たっぷりのアレンジがメインになりました。

今更ですが、シャンペとは。。。田舎、カントリーという意味合いです。

その為に、ナチュラルな感じのお花を摘んできたかの様に、ふんわりと、お花が活き活きとしているかの様にブケを束ねていきます。

ここで皆さん難しいとおっしゃるのが、どうしても丸く丸く形を作りたくなりがち、シャンペの場合は、ブケロンとは異なりますので、丸い形は作らずに、でも、ふんわりと作ります。

そして、お花選びも重要です。
本来シャンペは、田舎にはえている様な、ナチュラルな感じの花を扱います。

例えば、ぺんぺん草や、スカビ、コスモス、ハーブ系のお花も良いでしょう。

そうです。ポイントにならない、ふんわりとぼやけた風(笑)のお花を本来選びます。

ただ、パリ風に仕上げる為には、パリジャン達が好きなボリューミーな花を入れ、そして、それらの花が自己主張しがちなのを、し過ぎず、存在感を出すのがパリスタイルのシャンペトルです。

ちょっと、言葉にしますと難しいですね。笑

今回の生徒さんの作品もじっくり、何が入っているか見て下さいね。


レッスン風景は、皆さん、必死!笑

c0232541_03072271.jpg

そして、作品が出来上がった後は、作品撮り。

c0232541_03075880.jpg
担いで撮ってみたり。。。近くのカフェをお借りしたり。。。

c0232541_03084443.jpg



c0232541_03082125.jpg

私も楽しい時間です。

c0232541_03093306.jpg


そう言えば、5月に受講頂きました、花留学生さん、フローリスト、ジョルジュ・フランソワを斡旋させて頂き、ムッシュの元で頑張ってます。

いっぱい学んでいって下さいね。


ではまた!


Très joli
Décoration florale
Nami HASEGAWA
http://www.tresjoli.fr/
https://www.tresjoliparis.com/
Instagram tresjoliparis
mail:tresjoli77@gmail.com






トレジョリオフィシャルHPはこちらパリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。


# by tresjoli | 2019-07-27 03:21 | お花関係

こんにちは。
急に気温が上がりましたパリです。

来週からはどうやら、本格的な夏になりそうで、30度程になりそうです。

今回またまたお知らせがございます。
レッスン、その他のご依頼のお代のお支払に、Paypalを使いましたカード決済が可能になりました。
もちろん、今まで通り、銀行振込みも可能です。
お問合せ下さい。

さて今回はこの時期ならではですが、ウェディングブーケのお花、そして、こちらもレッスンにて生徒様に作って頂きました、ウェディングのお花、そして、定期装飾の花、そしてそして、ランジス花市場に飾れていた、クリエイティヴなアレンジとアップさせて頂きます。

この時期、ぎりぎり間に合いました、スズランを入れ、ほんのり薄いピンクの芍薬とアストランティアとユーカリでアンニュイな雰囲気を出しました。

c0232541_04421016.jpg
フランスでは、最近ははっきりした色合いよりも、この様なアンニュイな色合いで、ナチュラルなシャンペトルのスタイルを望まれる事が多いです。
c0232541_04423336.jpg

そして、生徒様には、初めてのブケ・ド・マリアージュ、基本中の基本、丸くキレイに作る事に重点を置いて束ねて頂きました。

c0232541_04444252.jpg

定期装花には、ちょうどこの時期に、生産者さんから直接入手しました、立派なエルムレスが入手出来ましたのでツルバラとブロッサム色のアンスリウムで合わせて、優しい感じに活けてみました。

c0232541_04420020.jpg

実は、こちらの活け込み、花瓶のみで1メートルは有るのです。
ので、お花も入れて、2メートル以上になってます。笑
今回の様な、立派なお花が入手出来た時には、お花が栄えます~


そして、ランジス花市場では、ある仲卸しさんに、従業員の方が作られた、クリエイティヴなアレンジが飾られてました。

東京の仲卸しさんもそうですが、ランジス花市場でも、フローリストが仲卸しで働いてます。

c0232541_04392223.jpg

c0232541_04412125.jpg
その為、時々この様なクリエイティヴな作品を見る事が出来ます。

毎回楽しみだったりします。笑

ではまた
トレジョリ

Très joli
Décoration florale
Nami HASEGAWA
http://www.tresjoli.fr/
https://www.tresjoliparis.com/
Instagram tresjoliparis


トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。


# by tresjoli | 2019-06-23 06:38 | お花関係