Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年のヴァカンス旅行①

こんにちは。
8月の半ば折り返し地点、如何お過ごしでしょうか?


私は、前回予告通り、8月8日~16日とヴァカンスを頂き、南方面に旅行し、一昨日パリに戻って来ました。

場所はリヨン→ジェノヴァ(イタリア)→ジェノヴァ郊外(ボガダス・ポルトフィーノ)→南仏(ニース・アンティーブ)→リヨン
と行って来ました。

そうです。少しづつ南へ行き、コートダジュールの海岸線を旅行したくて、周って来ました。

まず、今回はリヨンに関して綴ります。

南へ行く前にリヨンへ寄り道をしたのですが、なぜ寄り道したのかと言いますと。。。

実は、20年程前に、フランスを旅行した際、フルヴィエールの丘からリヨンの景色を見て、とても感動し、フランスが好きになった記憶が有り、今回、またこの景色を見たく寄りました。
実は、その後も何度かリヨンに来ているのですが、あまりじっくりと景色を見る時間が無く、今回は、ちょっと寄り道ですが、景色を見ることに重点を置きました。

リヨンは、フランス第2の都市で世界遺産にもなっている町なのです。

2つの川が有り、ソーヌ川左が旧市街となっており、ローヌ川右が新しい町となっております。
フルヴィエールの丘は旧市街から可愛いケーブルカーに乗って行きます。

こちらが、フルヴィエールの丘からのリヨンの景色です。

c0232541_02075183.jpg
c0232541_02090162.jpg

ルネッサンス時代に繁栄した、タイムスリップしたかの様な景色が、今もこのまま残ってます。
屋根が赤いのが特徴ですね。

c0232541_02094998.jpg

そして、この丘に在る「ノートルダム・ド・フルヴィエール聖堂」19世紀末に建てられた教会です。

c0232541_02103871.jpg
内装は、ステンドグラスやモザイクなどが美しく装飾されています。
素晴らしいですよね。
c0232541_02112749.jpg
c0232541_02115706.jpg



c0232541_02122583.jpg


c0232541_02153561.jpg

そして、丘から下に降りて、旧市街のお店です。
c0232541_02161845.jpg

最近は新しめのお店も増えてきた様ですが、それでも、雰囲気が有るお店が存在し、大好きな商店街?です。

c0232541_02172607.jpg
c0232541_02180721.jpg
c0232541_02184242.jpg



ちょっと休憩でオニオングラタンスープとサンドウィッチ。

c0232541_02200604.jpg
c0232541_02204408.jpg

c0232541_02211813.jpg

リヨンは美食の町でも有るのですよね。
今回は残念ながら、時間があまり無かったので散歩に絞ってしまい、ゆっくり食事をする時間を削りました。


こちらは裁判所。

c0232541_02233852.jpg
こちらは国立のオペラ座。
c0232541_02242946.jpg

12世紀に建設され、建設中にロマネスクからゴシックへ様式か変化した為、良く見ますと、左右でスタイルが異なる、サン・ジャン大司教教会。

c0232541_02250838.jpg

そして、ソーヌ川から旧市街と丘の風景。

c0232541_02261029.jpg
絵になる風景ですよね。
c0232541_02271113.jpg

私達が産まれるずっと前からこの景色で、これからもずっと変わらないのでしょうね。
それって、素晴らしいことですよね。


またこの景色を見に来ます。


では、南に向かって旅を続けます!

Très joli


トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。 ジモモ パリ


[PR]
by tresjoli | 2017-08-19 02:33 | 旅行関係