Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

パリ7区のアーティストコレクター宅装飾

こんにちは。
2月のヴァレンタインが終わり、子供達の冬のヴァカンス真っ最中で少しパリの街は落ち着いている所です。

c0232541_03384895.jpg

少しづつですが、日が長くなっており、春が待ち遠しく感じられる今日この頃です。

今回は、パリ7区の、とっても素敵な個人宅の装飾を依頼頂きましたお話しとお写真をアップさせて頂きます。

1月の末に、新鋭のアーティストなどのコレクションをされている紳士から、壁にリースを飾りたいということでご依頼を頂きました。

実は紳士は、こちらのパリ7区のお宅も素敵なのですが、スペインのイビサ、そしてスイスのジュネーヴュにもお宅をお持ちで、その為、忙しいそうです。笑
海沿いにも山沿いにも、そして、パリの麻布?と言われる7区にもお宅をお持ちとのことで、何とも羨ましい限りですね。

さて、打合せの際、こちらの7区のお宅を拝見し、更に、紳士から「Joyeux」の色合い雰囲気、そして、素材はナチュラルな物で。とご注文頂きました。

「Joyeux」と言いますのは、ハッピーということです。
フランス人からの注文は、この様な抽象的なご注文が多いです。笑

ので、私もまだまだだと思いますが、特に表現の言葉(形容詞)や色を実感して理解しておかないといけません。
無理やり日本語にするのでは無く、フランスの物や状態で理解しておくことが大切です。

余談になりましたが、そして、紳士のコレクションしているアート作品は、シンプルな中に価値が在る物が全てでした。

ので、私も、「Joyeux」を比較的シンプルに捉え、そして、大きなリースを作り、お届けさせて頂きました。


c0232541_03441244.jpg

紳士にとっても喜んで頂き、そして、何処からか、可愛らしい器を持って来られ、一緒に飾られました。
両サイドに飾られました器はデンマークの物だそうです。
リースとの相性バッチリですよね。

c0232541_03433307.jpg

c0232541_03445389.jpg

また季節が変わる頃、お願いします。と光栄な言葉を頂きました。
翌日も「Très joli!」とメールを頂きました。笑

本当に嬉しいですね。

c0232541_03403422.jpg

フランス・パリの仕事は、特にフランス人相手の場合は、私にしか出来ない何かを求めて来る方が多いので、私自信も日々感性を磨かなくては。と思ってます。

そして、お客様に気付かされ、育てて頂いている感じもします。

装飾に関しては、顧客満足度120%を常に目指しているので、そうなる様に、日々の勉強が肝心ですね。

まだまだですが、頑張ります!

ではまた!

Très joli

Nami HASEGAWA

http://www.tresjoli.fr/

Instagram tresjoliparis



トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。


[PR]
by tresjoli | 2018-02-20 00:46 | お花関係