人気ブログランキング |

Parisのお花・手芸・蚤の市エトセトラ情報


by Tres joli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


こんにちは。
ヴァカンス明けの日に焼けたパリジャンやパリジェンヌ達が戻って来たパリです。

最近は朝晩は10度代で寒い程ですが、日中は秋晴れの気持ち良い陽気です。

フランスは秋からが新学期が始まり、子供や学生達は準備で大忙しです。

今年のヴァカンスは南仏に行き、のんびりとして来ました。
どうしましても、夏はキレイな海に行き、のんびりして、泳いで、地元の美味しい物を食べて。。。とリフレッシュしたくなります。
きっとこれは変わらないと思います。笑

と、いう事で光合成を十分し、ビタミンをいっぱい摂りましたので、秋からまたいっぱいのお花のレッスンを含み、お仕事をさせて頂きます。


では、今回も最近の生徒様達の素敵な作品写真、お披露目です。



定期レッスン生徒様
大輪のダリアをゴージャスに扱って頂きました。


c0232541_03422200.png



10日間みっちりレッスン生徒様
紫陽花をたっぷり使った贅沢リース
c0232541_03413884.jpg

生徒さんにぴったり合ってます?! 元気ブーケ

c0232541_03401479.jpg

そして、創作 ブケ・ド・マリエ
紫陽花が活きてます。

c0232541_03420520.jpg



イタリアから、ブーケ特訓にいらして下さった生徒様
フワフワブーケと、フェミニンブーケ

c0232541_03411991.jpg

c0232541_03404497.jpg


どれも、お花が喜んでいますね。110.png


秋からのレッスンに、新たに、好評なパリの素敵なホテル装飾&フローリスト巡り
と、ジョルジュ・フランソワのレッスンも付け加える事に致しました。

★1day(2レッスン)+ジョルジュ・フランソワ1レッスン


装飾巡りも、ジョルジュ・フランソワのレッスンも、トレジョリのレッスンをお申込み頂きました方のみとなり、単体でのご参加は受付ておりません。

1つ1つのレッスンを大切に対応させて頂きたいので、ご了承願います。


ご希望の方は、スケジュールの都合上、早めにご連絡願います。



ではまた

Merci et à très bientôt!
トレジョリ







Très joli
Décoration florale
Nami HASEGAWA
http://www.tresjoli.fr/
https://www.tresjoliparis.com/
Instagram tresjoliparis
mail:tresjoli77@gmail.com










トレジョリオフィシャルHPはこちら~パリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。


# by tresjoli | 2019-08-31 03:59 | お花関係

こんにちは。
今週はとってもとっても暑いパリでした。笑
昨日は41度まで気温が上がりました。

パリは湿度は無いのですが、太陽の陽射しが日本より強く感じられ、そして、何より、基本的にエアコンが有りません。
そして、そして、日が沈むのがこの時期、22時過ぎです。。。
恐怖でしか有りません!笑

こんな暑い中でも、お仕事が有りますのが有難く感じ、特に夕方の特に暑い時間帯には終わってしまうので、それ程苦では無いのですが。。。
びっくりしますね。この暑さは。


c0232541_02492666.jpg

さて、今回もレッスン、装飾と、色々とアップさせて頂きたい事はございますが、先ず、何時もの様に、レッスンの生徒様の作品、今回はシャンペトルブーケを主に勉強頂きましたので作品などをアップさせて頂きます。

c0232541_02564220.jpg


今回はシャンペトル・ブーケやシャンペの要素たっぷりのアレンジがメインになりました。

今更ですが、シャンペとは。。。田舎、カントリーという意味合いです。

その為に、ナチュラルな感じのお花を摘んできたかの様に、ふんわりと、お花が活き活きとしているかの様にブケを束ねていきます。

ここで皆さん難しいとおっしゃるのが、どうしても丸く丸く形を作りたくなりがち、シャンペの場合は、ブケロンとは異なりますので、丸い形は作らずに、でも、ふんわりと作ります。

そして、お花選びも重要です。
本来シャンペは、田舎にはえている様な、ナチュラルな感じの花を扱います。

例えば、ぺんぺん草や、スカビ、コスモス、ハーブ系のお花も良いでしょう。

そうです。ポイントにならない、ふんわりとぼやけた風(笑)のお花を本来選びます。

ただ、パリ風に仕上げる為には、パリジャン達が好きなボリューミーな花を入れ、そして、それらの花が自己主張しがちなのを、し過ぎず、存在感を出すのがパリスタイルのシャンペトルです。

ちょっと、言葉にしますと難しいですね。笑

今回の生徒さんの作品もじっくり、何が入っているか見て下さいね。


レッスン風景は、皆さん、必死!笑

c0232541_03072271.jpg

そして、作品が出来上がった後は、作品撮り。

c0232541_03075880.jpg
担いで撮ってみたり。。。近くのカフェをお借りしたり。。。

c0232541_03084443.jpg



c0232541_03082125.jpg

私も楽しい時間です。

c0232541_03093306.jpg


そう言えば、5月に受講頂きました、花留学生さん、フローリスト、ジョルジュ・フランソワを斡旋させて頂き、ムッシュの元で頑張ってます。

いっぱい学んでいって下さいね。


ではまた!


Très joli
Décoration florale
Nami HASEGAWA
http://www.tresjoli.fr/
https://www.tresjoliparis.com/
Instagram tresjoliparis
mail:tresjoli77@gmail.com






トレジョリオフィシャルHPはこちらパリスタイルTrès joli お花のレッスン&ランジス花市場見学&資材・雑貨ショッピング案内などの詳細が案内されてますお申し込み&お問合せはtresjoli77@gmail.com までお送り下さいませ。


# by tresjoli | 2019-07-27 03:21 | お花関係